ブログ

【ビットバンク】売買方法と売り板、買い板の見方を解説!

bitbank-buy-sell

記事アイコン
こんにちは。中川です。

今回はbitbank取引所での売買の方法を解説していきます。

コインチェックでは「購入」や「売却」というボタンを押すと取引が行われる、

[keikou]成行注文[/keikou]というものなんですが、今回説明するのは[keikou]指値注文[/keikou]という方法です。

指値についてはコチラの記事に詳しく書いていますので参照ください。

[kanren url=”https://bitcoinvest.jp/sashine”]

では解説していきます。

※今回はパソコンを使っての売買方法を解説しています。

当サイトでは売買は操作ミスを極力なくす為、パソコンで行う事を推奨しています。

理由については記事の下の方に書いています。

取引所の使い方

まずBitbankにアクセスします。

[btn class=”spe”]Bitbank[/btn]

 

画面左上の「BTC/JPY」のボタンを押すとメニューが出ます。

howtousebitbank1
今回はビットコインの購入を例にします。
[topic color=”red” title=”通貨の表記”]
JPY→日本円
BTC→ビットコイン
XRP→リップル
LTC→ライトコイン
ETH→イーサリアム
MONA→モナコイン
BCC→ビットコインキャッシュ

「BTC/JPY」の場合、日本円対ビットコインという意味になります。
「LTC/BTC」の場合、ビットコイン体ライトコイン(ライトコインをビットコインで取引可)という意味です。
[/topic]

「BTC/JPY」を押してください。

※XRPの売買であれば「XRP/JPY」を押してください。

チャート、売り/買い板、注文画面が現れると思います。
一見複雑そうに見えますが、どの取引所も基本この3構成です。
howtousebitbank2
ビットコインの購入には右側の注文画面を操作します。
次に「注文」→「指値」→「買い」を押してください。

※売却については「売り」を押してください。

[topic color=”red” title=”指値と成行について”]
仮想通貨の購入/売却の方法として「[keikou]指値(さしね)[/keikou]」と「[keikou]成行(なりゆき)[/keikou]」があります。
指値は予約して購入するイメージです。[keikou]買いたい価格をあらかじめ設定しておき、その価格になったら自動的に購入されます。[/keikou]売却も同様です。
対して[keikou]成行は現在の価格で購入します。[/keikou]今すぐ買いたい、売りたいといった時に使用します。
基本的には「指値」を使います。
[/topic]

価格には購入した価格、数量は買いたい量です。つまりどれくらいコインを買うかという事です。
予想はその購入にかかる費用です。
現在の価格を知る為には画面右下のグルーピング機能を使うと見やすくなり、おおよそ現在の価格が分かります。
howtousebitbank3
最後に「注文」を押せば完了です(確認画面が出ても再度押せば完了です)。
設定した価格に到達したら購入されると思います。

取引はパソコンでやる

取引はパソコンを使ってやる事を推奨します。最近では取引所ごとのスマホアプリが出ていて、
それも十分使いやすいですが、指値できなかったりします。
そのほか、主なリ理由を以下にまとめてみました。

画面の見やすさ、情報量の違い

iPhone等のスマホでも取引は可能ですが、やはり[keikou]画面の見やすさ操作を考慮するとパソコンで取引することを推奨[/keikou]します。
取引は必ずパソコンを使いましょう。スマホとパソコンでは情報量にかなり差があります。
例えば下記の例(取引所ビットバンクを例):

スマホ画面

tradeprofit2

PCの画面

tradeprofit3

一目瞭然だと思いますが、スマホ版ではチャートと注文画面が別となっています。

ですので、チャートを見て注文を入れる、という事がやりにくいです。

対して、パソコン版の方はすべての情報が載っています。

どうしても出先で取引したい場合はスマホでも仕方ないですが、[keikou]パソコンが使える環境ならばPCで取引した方がいいです。[/keikou]

入力ミスの防止

ビットコイン建てで取引すると桁が小さく,0.001BTCや0.00001BTCなど表示されます。
一桁違うと価格が10倍異なるので、入力ミスは絶対やってはいけません。

スマホで行うと便利がゆえにミスしがちなので、パソコンを使って行うことをすすめます。

しかし、コインの価格を見るだけならばスマホのアプリでもいいと思います。

売り/買い板の見方

下の図を見てください。上から売り、現在の価格、買いとなっています。

白文字が予約の入っている価格です。グレーの文字は購入/売却の量です。

つまり、1275000円には0.0562ビットコイン分の売りが予約されているという事です。

これを見る事で現在[keikou]買いが強いのか、売りが強いのか知る事ができます。

買い側にかなりの枚数の注文が入っていると価格が飛び上がる事があります。[/keikou]

そのような情報を得る為に使用します。

逆に売りが強いと、上がったら売られるという状況になる為、価格が上がりにくくなります。
howtousebitbank4