Pythonの入門

Pythonの実行方法を初心者でもわかるように解説します!

python-first-writing

こんにちは!中川です!

今回はPythonの実行方法と簡単な文字の出力をやりたいと思います。

Pythonの実行方法

PythonにはREPLモードとスクリプトを実行する、2つの方法があります。

REPLモードは1行ずる実行し、スクリプトを実行する方はPythonファイルをあらかじめ作っておき、

それを実行する方法です。

REPLモード

これはプロンプトに直接書いて実行する方法です。

 

では、まずプロンプトを起動します。(MacやLinuxの場合はターミナルです。)

python-first-writing1

ここで「python」と入力します。

python-first-writing2

すると、このように表示されますので、

と入力してみてください。次にエンターキーを押して実行です。

python-first-writing3

と、このように表示されるはずです。

この機能は、プログラムは1行ずつ実行されるので、何か簡単に試したいときが便利です。

スクリプトを実行する

Pythonを書いたプログラムファイルのことを「スクリプト」と言います。

フォルダ作成

スクリプトを保存するフォルダを作成します。

場所はどこでもいいです。今回はデスクトップに作成します。

python-first-writing4

プログラムを書く

Atomを起動します。

新規ファイルに

と入力します。次にファイルを保存します。

python-first-writing5

左上の「ファイル」→「別名で保存」をクリック。

python-first-writing6

保存画面がでますので、先ほどの「python」フォルダを指定して、「hello.py」と付けます。

重要なことは、「○○.py」とファイル名を付ける事です。

これでパソコン上でPythonファイルとして扱われるようになります。

スクリプトを実行

先程の作成したフォルダの上で、Shiftキーを押しながら右クリック

python-first-writing7

すると、「PowerShellウィンドウをここに開く」という欄がありますので、

これをクリック。

python-first-writing8

するとPowerShellウィンドウが表示されますので、

ここに

と入力してください。

pythonの実行方法

実行したフォルダ(ディレクトリともいう)を開き、

python〇ファイル名.py

と入力します。(〇は半角スペース)

実行方法2、atom-python-runを使う方法

これは先回の記事でインストールした「atom-python-run」を使う方法です。

https://bitcoinvest.jp/python-install

これはAtom上で「F5」キーを押すだけで実行できるというものです。

python-first-writing10

このようにプロンプトが自動で立ち上がり、プログラムの実行も行ってくれます。

もちろん実行結果は同じです。

このプロンプト上で何か押すと終了し、再度Atom上でF5キーを押すと起動します。

まとめ

うまくいきましたか?

Pythonの実行方法は今後必ず行っていくものなので、マスターしておいてください。

これからは最後に説明した実行方法2「Atom-python-run」を使っていくことをおすすめします。

 

続いてPythonの書き方をこちらの記事で解説しています。

今回使ったprint関数についても細かく丁寧に書いていますので、ぜひご覧ください!

python-print
Pythonのprint関数とコメントアウトについて解説こんにちは!中川です! 今回は、print関数というものを用いて、色んなものを表示していきたいと思います。 print関数とは?...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください