Pythonの書き方

【Python入門者でも分かる図解説明記事】for文、範囲付き繰り返し構文を使おう!

python-for

こんにちは!中川です!

今回はfor文について解説します。

 

for文は何かを繰り返し処理したいときに使います

 

while文と違い、範囲の中をループ変数を変化させながら繰り返します。

それでは説明します。

for文の書き方

python-for1

これを具体的に書きますと、

ここで見ていただきたいのは、範囲のところです。

範囲はrange関数というものを使っています。

range関数

range関数とは、整数値の範囲を戻す関数です。

引数は次のように書けます。

python-for3

今回は10と書きましたので、0から9までの合計10回処理されるという事です。

よってループ変数のiには、0から9まで巡に1ずつ増えて入っていくという事になります。

 

次に結果を見てみます。

結果からも分かりますように、0から9まで順に入っています。

elseを用いる

elseを用いるとfor文が終了した後に、何か処理をすることができます。

例えばこのようにると、

for文終了後に処理を行えます。

range関数を応用してみる

range関数は単に整数を入れるだけではなく、文字数なども入れると使用幅が広がります。

len関数

len関数は文字列の長さを整数で返す関数です。

つまり、len( )の中に文字列を入れると、文字の数が整数で返されるのです。

結果:

今回 word = apple-peachという11文字のワードの数を範囲にしたので、

0から10までfor文は繰り返されることになります。

0 以上10 より小さい偶数を順に繰り返す時

結果:

この様に、ステップ値を入れる事で2ずつ変数iを増加させることも可能です。

 

また、この文はcontinueを使い書くこともできます。

結果:

変数iを2で割り1になった時だけ、continue、つまり飛ばすことができるのです。

リストを使う

範囲は整数以外にリストを入れる事もできます。

結果:

このように、range関数によって0から9までの整数をリストに入れます。

更にそれらの0要素番目から順にループ変数に入っていきます。

文字列を一つずつループ変数に入れる

文字列を範囲に指定すると、一つずつ見る事ができます。

このようにすると、iにはabcの一つずつ入ります。

これは文字列がタプルでもある性質を利用しているからです。

python-string
【Python入門者でも分かる図解説明記事】文字列について理解しよう!文字列はタプルでもある。こんにちは!中川です! 今回は文字列について説明します。 文字列はダブルクォーテーションかシングルクォーテーションで囲む 文字列はダブ...

 

他にも例えば、あるワードの中身にいくつ「a」というワードが入っているか知りたい時に使えます。

結果:

まとめ

for文はこのようにして書けます。

最初は書き方が難しく感じるかもしれませんが、慣れるとかなり応用を効かせることができます!

range関数も合わせて利用するので覚えておきましょう!

 

また繰り返し構文に合わせて、条件付き繰り返し構文while文というものもあります。

こちらの記事で解説していますので、興味があれば読んでみてください!!

python-while
【Python入門者でも分かる図解説明記事】while文について理解しよう!こんにちは!中川です! 今回はwhile文について解説します。 for文はある範囲の中で処理が繰り返されていました。 しかしwhi...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する