Pythonの書き方

【Python入門者でも分かる図解説明記事】if、else、elif文の条件分岐を理解しよう!

python-if

こんにちは!中川です!

今回は、条件分岐に使用するif文について解説します。

書き方

If文は次のように書きます。

python-if1

if文まず「if」で始め空白(スペース)を次に入れます。

その後、条件文を書きます。

コロン(:)を書くことで、そこまで条件文と認識されます。

必ずコロンは入れましょう。

 

その後、インデント(字下げ)を行います。

これはキーボードのタブキー(Tab)を押すことで、行えます。

 

pythonはインデントを入れる事で、1つの塊と認識されます。

(これを「ブロック」と言います。)

 

具体的にコードを書いてみます。

結果:

条件文について

条件文はいくつかの比較演算子を使えます。

比較演算子
  • a == b : a はb と同じ値
  • a != b : a とb は違う値
  • a < b : a はb より小さい
  • a <= b : a はb 以下
  • a > b : a はb より大きい
  • a >= b : a はb 以上

elseを使う例

ifの条件に該当しなかったとき、次の処理を必ず実行します。

それが、elseです。

次に例を示します。

結果:

このように応用することで偶数での処理、奇数での処理も可能です。

if文の中にif文を入れることもできる

if文の中にif文を書くことで条件をより絞ることができます。

例えば、

これでもしaに10以上の数が入っていればprint関数が実行されます。

 

これに加え、elseを組み合わせることも可能です。

このように条件を絞る事でより正確な応答が出来たりします。

else文の中にif文を書く時は「elif」文でも代用可能

例を示してみます。

このようになります。

注意しなければならないことは、elifはインデントしないという事です。

if文中で何も処理しない時は、「pass」を入れる

if文、else文、elif文中の処理で何もしない時はpassを入れなければいけません。

具体例を書くと、

このように何も処理したくなければ、passを入れなければなりません。

 

用途はあまりありませんが、一時的にコードをテストしたいときなどにpassを入れておかなければエラーになります。

「in」を使って文字列の1部分であるか確認する

これは特殊な条件文ですが、

if文で「in」を使うことによって、それが含まれるかどうかを調べることができます。

含まれていればTrue、なければFalseが返されます。

例えばこのようにすると「apple」と入力すると「含まれる」と返されるし、「Apple」と入力すると「含まれない」と返されます。

 

また特筆すべきはPythonでは大文字と小文字は区別されるという事です。

条件文の内容がTrueであれば書かなくても良い

これはどういう事かというと、次に例を示してみます。

このスクリプトの2行目のように、内容が「Trueであれば」という条件なら、

書くことを省略できます。

Falseの時は書く必要があります

まとめ

どうでしょうか?if文はこのようにして書きます。

プログラムには必ず使う、条件分岐なのでマスターしましょう!

 

if文が習得できれば繰り返し構文「for文」も使えた方が良いです。

python-for
【Python入門者でも分かる図解説明記事】for文、範囲付き繰り返し構文を使おう!こんにちは!中川です! 今回はfor文について解説します。 for文は何かを繰り返し処理したいときに使います。 while...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する