Pythonの応用

同じフォルダのjpg画像ファイルの名前を一括でリネームする方法

アイキャッチ画像

こんにちは!中川です!

ブログ記事を作成する際に、画像が必要ですが毎回名前の変更(リネーム)作業が大変です。

今回は、そのリネーム作業を半自動化するPythonスクリプトを作りましたので紹介します。

仕様を考える

リネーム仕様

今回はこのように、あるフォルダに入っているjpgの画像ファイルを一括で名前変更したいです。

ファイル名はユーザーに1つ決めてもらい、各々に連番を1から振っていくものを作りたいです。

Pythonのファイルは同じフォルダに置いて実行するものを作りたいと思います。

スクリプト

まず処理の手順として、

  1. ファイル名をユーザーに入力してもらう。
  2. ディレクトリ(フォルダ場所)を取得する。
  3. for文を使って名前を1つずつ変更する。

これで考えたのが次のスクリプトです。

1行目でファイル名をユーザーに入力してもらいます。

次にOSをインポートすることで、その次の行のディレクトリ取得や5行目のファイル一覧取得ができません。

それで5行目なのですが、リスト型でそのディレクトリのファイル名が抽出されます。

ですので、まずこの中からrename.pyだけを取り除く処理を5行目以降に行っています。

 

12行目以降がファイル名の変更作業です。

os.name(変更前name,変更後name)とすることで変更できます。

これをfor文を使って一つずつ変更しています。

 

名前は1から連番にしたいのでstr(i + 1)としています。

+1しているのは、iが0から始まるからです。

 

最後に変更後のファイル一覧をprint関数で出力するようにしています。

これは一瞬しか表示されないので特に必要ではありません。

結果 名前変更後

こうして完成したPythonスクリプトはダブルクリックすることで実行可能です。

リネーム結果

このように簡単にすべての画像ファイルが変更されました。

結構、業務などでファイル名変更作業をされている方でも需要があるのではないのでしょうか?

 

さらにif文を使うことによって、pngやtxtファイルなど様々なファイルが混ざったフォルダでも処理ができるようになります。

このスクリプトを拡張して使ってみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する