Pythonの書き方

Pythonのprint関数とコメントアウトについて解説

python-print

こんにちは!中川です!

今回は、print関数というものを用いて、色んなものを表示していきたいと思います。

print関数とは?

print関数は、

このように書くだけで使えます。

( )の中に文字や値を入れます。

実際に動かしてみる。

まずこのように書いてみます。

実行結果はこのようになります。

 

 

1行目:print()カッコの中は値を入れることができます

2行目:違う値はカンマで繋ぐと,スペースを空けて出力されます。

3行目:文字列は” ”で囲むことで表現できます。

4行目:通常print関数を使うと改行されるのですが、

end=を使うことで、「改行」→「指定したもの」に変えることができます

 

 

 

今回は「!」を使ったので、改行が行われず、「!」が表示されています。

さらに5行目でprint(1)としていますので、「1 2 3 4!1」と表示されるのです。

変数をまぜて表示する

変数を混ぜて表示する時は、.format(要素)を使います。

このようにすると、

と表示されます。

.format( )のカッコ内にa,b,cと入れるとaから0番目要素として扱われます。

 

変数についてはこちらの記事に詳しく書いています。

python-variable
Pythonの変数について、TrueとFalseの使い方こんにちは!中川です! 今回は変数について紹介します。 変数とは? 変数とは値や文字列が入るものです。 よく空箱...

コメントアウト

プログラム中にメモを入れる事ができます

#」を入れると以降の行はコメントとなります。

“””」または「”’」を入れる(ダブルクオーテーションまたはシングルクオーテーションを3回)と複数行のコメントアウトができます。

実行結果はこうなります。

1行目のprint関数のみが表示されています。

このようにして、コメントアウトは他人や数日後の自分のメモとしても使用するので、

使い方は覚えておくと凄く便利です。

まとめ

今回はprint関数とコメントアウトについて解説しました。

プログラムを書いていて、エラーが発生した時にその変数がどんな状態になっているか調べるのにも使います。

また、print関数だけでなく変数を使っていくとプログラムは面白くなります。

興味があれば、こちらに詳しく書いていますので読んでください!

python-variable
Pythonの変数について、TrueとFalseの使い方こんにちは!中川です! 今回は変数について紹介します。 変数とは? 変数とは値や文字列が入るものです。 よく空箱...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください