Pythonの書き方

Pythonのset(集合)型について、書き方と使い方

python-set

こんにちは!中川です!

今回は集合について解説します。

らすかる
らすかる
集合って何だにゃ?
中川
中川
集合とは、順序と重複のないリストのようなものです。

数学の集合のイメージと似ています。

それでは詳しく説明します。

書き方

集合は中カッコで表します。

例えばこのように書くと、

と出力されます。

3要素目の1は0要素目と重複しているため、書かれていないことが分かりますね。

また、順序もないので、小さい順に出力されています。

 

型はset型となっています。

カラの集合を作る

空の集合を作るには、set()とすると良いです。

結果:

このように、型も集合(set型)になっている事が分かります。

要素の追加と削除

追加方法は1つ、削除方法は2つあります。

要素の追加は1つずつしかできません。

しかし、for文などを駆使すれば沢山の要素をいれる事もできます。

 

削除方法は1つずつ削除するremoveメソッドを使う方法と、一気に全削除するclearメソッドを使う方法があります。

集合の演算

集合は足したり引いたり演算ができます。

演算子
  • 和集合:集合a と集合b の要素をまとめた集合:a | b
  • 差集合:集合a に含まれて集合b に含まれない要素の集合:a – b
  • 共通集合:集合A と集合B の両方に含まれる要素の集合:a & b
  • 対象差集合:集合A か集合B の片方のみに含まれる要素の集合:a ^ b

結果:

集合の複合代入演算子

集合は複合代入演算子も使えます。

結果:

このようになります。

要素の有無を確認

要素の有無を確認する方法もあります。

python-set1

結果:

このようになります。

まとめ

集合の性質を生かして、同じ要素の削除などで役に立ちます。

 

例えば、重複する要素を持つリストから重複を無くしたいときなどです。

意外と使えるのでしっかり覚えましょう!

 

集合に似たものでは、リストとタプル、辞書があります。

これらは一つずつ丁寧に解説していますので、もし興味があれば読んでみてください!

python-list
Pythonのlist(配列)の書き方、追加・削除も解説こんにちは!中川です! リストについて解説します! 例えば、たくさんの変数を扱いたい時にすべての変数に対して何かの...
python-tuple
Pythonのタプルの書き方こんにちは!中川です! 今回はタプルについて説明します。 タプルはリストと同様、複数の要素を持つことができる組です。 ...
python-dict
Pythonのdict型、辞書の書き方と使い方こんにちは!中川です! 今回は辞書について説明します。(辞書は、連想配列とも言われます。) 辞書のイメージは実際の辞...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください