Pythonの書き方

Pythonの文字列をスライスする方法とタプルとしての扱い方

python-string

こんにちは!中川です!

今回は文字列について説明します。

文字列はダブルクォーテーションかシングルクォーテーションで囲む

文字列はダブルクォーテーションもしくはシングルクオーテーションで囲むことで、

示すことができます。

結果:

どちらを使っても構いません。差異はありません。

文字列の型はstrになる

文字列の型はstrです。

型についてはこちらに詳しく書いています。

python-type
Pythonの型について理解することはとても大切ですこんにちは!中川です! Pythonには型というものがあります。 例えば、1という字。これは人間から見たら数字ですが、文字と...

 

続きいきます。このようにして、aという変数の方を見ましょう。

結果:

ちなみにstrは「ストリング」または「スター」と読みます。

複数行の文字列表記

複数行の文字列表記は、

ダブルクォーテーションかシングルクオーテーションを3つ並べて書くことで、

その間のフレーズを出力する事ができます。

結果:

エスケープシーケンス

複数行の表記は別の方法でも表記できます。それはエスケープシーケンスというものを使うと可能です。

結果:

このように\nなどの特殊文字をエスケープシーケンスと言います。

代表的なものとして下記があります。

エスケープシーケンス
  • \n:改行
  • \t:タブ
  • \\:バックスラッシュ
  • \(改行):改行を無視
  • \’:シングルクォート
  • \”:ダブルクォート

\(円マーク)は日本語版Windowsだけでの表記で通常はこれを「バックスラッシュ」と呼びます。

海外版のPCを使っていると/(スラッシュ)の逆記号が表記されるはずです。

また、テキストエディターによっても、円マークかバックスラッシュのどちらが表記されるかことなりますが、これらは同じものです。

文字列の足し算と掛け算

文字列を演算するとこのようになります。

結果:

解説

2行目:文字列を掛け算すると、同じ文字が3回続いたものが代入されます。

3行目:文字列同士(正確には、str型同士)は+記号で結合が可能です。

数字と数値は異なるもの

数字は文字列ですが、数字は数です。

これは型を見ると分かります。

結果:

ですのでこれらは結合できません。

やってみます。

結果:

このようになります。

これらは型変換することで回避可能です。

結果:

とこのように整数型になれば数値が足され、文字列にすれば数が連続して出力されます。

文字列はタプルでもある

ここからは少し高度な話になります。

タプル」という言葉が初見の方は読み飛ばしていただいて構いません。

 

文字列はタプルとしても扱う事ができます。

例えば、aという変数の0要素目と0から5までの要素を見てみましょう。

このようにすると、

結果はこうなり、もちろんスライスも可能となっています。

 

実は、この性質はfor文などでもよく使われます

例えば、あるaという変数の要素を1つずつ見たいとき、

結果:

このようにして、中身を一つずつ抽出できます。

まとめ

以上が文字列の性質となっています。

文字列は視覚的に分かりやすくするために、結構使います。

ですので扱いには慣れておきましょう。

 

次回は文字の入力(input関数)について解説します。

python-input
Pythonのinput関数でデータの受け取りをしよう!こんにちは!中川です! 今回はデータの受け取りには欠かせない、input関数について説明します。 input関数は...

ここまで読んでいただきありがとうございました!

もっと効率よくプログラミングを学びたいなら

プログラミングをもっと早く、しかも基礎をしっかり固めたいという方はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

TechAcademyは自宅で学べるオンライン型のスクールです。
無料体験から始めることができ、Pythonやウェブデザイン、アプリケーションの製作方法などを学べます。

TechAcademyを無料体験する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください