ブログ

【その2】トレードして利益を出すノウハウ!~海外取引所を使ってみよう~

tradeprofit2

記事アイコン
こんにちは。中川です。
初心者がトレードで利益を出すためのノウハウを全5回の内、今回は2回目!

国内の取引所にあるコインは「メジャーコイン」と言われ流通量が多く、価格が安定してるものです。
ゆえに価格が上がりにくく短期で2倍や3倍を狙う事が難しいです。
海外の取引所は流通量が少ないマイナーなコインを取り扱っています。
今回は海外取引所を使うことと、そのメリットについて説明していこうと思います。

1ヶ月で20倍になったコイン「Verge」

以前の価格は50sat程度の価格だったのですが、

12月の仮想通貨全体への流通量増加とジョン・マカフィー(ウイルス対策ソフトマカフィーの創設者)がTwitterでおすすめした事により、 一気に価格が上昇し最高で20倍を達成しました。

このように海外取引所には1発逆転を狙えるコインがあるのです。

Binance

binance

特徴:

[keikou]アルトコインの取り扱いの多さと、仮想通貨資金の流通量が多いです。[/keikou]

海外では主流の取引所となっています。

手数料はBNBという専用のコインを支払って行われるため手数料は上下します。

しかし、日本語サポート丁寧で初めて海外取引所を使われる方はおすすめです。

[btn class=”spe”]登録はコチラ[/btn]

Bittrex

bittrex

特徴:

アルトコインコインの取り扱いが多いです。

先程紹介したVergeも元々はこちらの取引所でのみ扱っていました。

 

[keikou]取引取引手数料は日本より断然安いが、出金手数料が高くなっています。[/keikou]

短期の取引を行い、一気に引き出す方はこの取引所がおすすめです。

[btn class=”spe”]登録はコチラ[/btn]

海外取引所を使うデメリット

もちろん海外取引所を使う事のデメリットもあります。

取引所でトラブルがあった時英語で対応することになる

例えば、パスワードを数回間違えアカウント凍結となった場合、

[keikou]運営サポートの方へ英語でその旨を伝え凍結を解除してもらわなければなりません。[/keikou]

簡単な英語でもわかってくれるのですが、英語が苦手な方は苦労することがあります。

まとめ

日本の取引所に比べ手数料が安いため、

仮想通貨を買われるなら、海外の取引所か国内のBitbankのどちらかが一番良い選択になります。

使いはじめは英語で書いてるので抵抗があるかと思いますが、

一度慣れていしまえば、ほとんどどの取引所も同じ使い方です。

ぜひ登録しておきましょう。

こちらの記事もおすすめ