ブログ

【その3】トレードして利益を出すノウハウ!~ファンダ情報を調べてみよう~

記事アイコン
こんにちは。中川です。

今回は「トレードで利益を出すノウハウ」第三弾という事で、

「[keikou]ファンダ場を調べてみよう[/keikou]」について解説していきます。

まず ファンダとはなにか? というところから説明していきます。

ファンダとは?

株などで使われる用語を引用しますと、

ファンダとは、ファンダメンタルズ(ファンダメンタル)のこと。企業における収益や売上や、経済全体の動向といった実体部分のことを意味する。個別企業なら企業決算や、PERPBRROEといった指標。経済全体ならGDPや経済成長率などが挙げられる。対義語は「テクニカル」

と書いてあります。[aside type=”boader”]引用元:投資・金融用語スラング辞典[/aside]

これを仮想通貨において考えると、コイン上場やハードフォーク等が当てはまります。

コイン上場とは

コインが取引所で扱われるようになる事です。株でいう、会社が上場されることに似ています。

上場されるとその会社の株が買えるようになります。

それと同様で、[keikou]コインの上場が決まるとその取引所で売買ができるようになるという事です。[/keikou]

上場が決まるという事はそのコインの人気が出始めている、流動性が上がっているという事につながります。

これにより、価格上昇に期待した人たちがそのコインを買い始めるため、価格上昇につながります。

ハードフォーク

ハードフォークには対義語としてソフトフォークがあります。

ハードフォークとは

仮想通貨では特にこの[keikou]ファンダ情報に反応しやすく価格が急騰する要因にもなっています。[/keikou]

例えば次の例です。

これはXRPの

ではその情報はどうやって入手できるか?説明します。